本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ4:属性定義


トップページ
 → ステップ4(目次) → 4. 属性の書き出し・集計

4. 属性の書き出し・集計

属性の書き出し
集計





属性の書き出し

では、先ほど設定した属性を書き出してみましょう。

>手順<
@メモ帳を開く
スタート→プログラム→アクセサリ→メモ帳

A下記のように記入
属性書き出し1

[補足]
属性書き出し2

1.まずは属性の名称を記入
2.半角スペース
3.文字か数値かを指定・・・C(文字)、N(数値)
4.桁数を指定(例:10文字・・・010)
5.小数点以下の桁数を指定(例:文字列のため000)


Bファイルを保存

CAutoCAD LT の「ツール」→「属性書き出し」
属性書き出し3


属性書き出し4

Dファイル形式を指定(例:SDF形式)
CDF形式・・・カンマでデータを区切る
SDF形式・・・空白でデータを区切る


Eオブジェクトを選択
属性書き出し5

F先ほどのテキストファイル(メモ帳)を指定

G出力ファイルを指定

H「OK」で終了

すると、指定した「出力ファイル」が出来上がります。
属性書き出し6



集計

属性を書き出したファイルをExcelで集計してみましょう。

>手順<
@Excelを起動

Aファイルを開く
ファイルの種類:テキストファイル
集計1


Bデータの形式を選択
集計2


Cフィールドの幅を指定
集計3


Excelで先ほどのデータが表示されましたね。
集計4


これで属性定義は終了です。
あとは、色々と自分で集計してみてください。
Excelの操作方法はここでは説明しません。

[例]
集計5



 4 - 3. 属性編集





>> トップページへ

↑このページの先頭へ