本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ4:属性定義


トップページ
 → ステップ4(目次) → 2. 建具の属性定義

2. 建具の属性定義

画層の追加
建具の属性定義





画層の追加

では、いよいよ建具に属性を追加していきましょう。
まず、別名で保存したファイル(ステップ3で作成済)を開いてください。
「ドア」「大窓」「小窓」を作成し、まだブロック登録していない状態ですね。


では、「属性」という画層を追加してください。

>作業<

画層名:属性
色:紫(Magenta)

画層追加
参考:画層設定



建具の属性定義

建具に属性を追加し、ブロック登録します。
属性定義1

>作業<
画層:属性

参考
属性定義



■ドア

>作業<
モード:非表示
名称:製品名
プロンプト:製品名を入力
値:ドア
文字高さ:100
属性定義2

これで下図のようになります。
属性定義3


続いて、「部屋名」の属性を追加します。

モード:非表示
名称:部屋名
プロンプト:部屋名を入力
値:-
「直前の属性定義に位置合わせ」にチェック
属性定義4


下図のようになりましたね。
属性定義5


最後にブロック登録します。
属性定義6



■大窓

>作業1<
モード:チェックなし
名称:製品名
プロンプト:製品名を入力
値:大窓
文字高さ:100

>作業2<
モード:非表示
名称:部屋名
プロンプト:部屋名を入力
値:-
「直前の属性定義に位置合わせ」にチェック

属性定義7


>作業3<
ブロック登録
属性定義8



■小窓

>作業1<
モード:チェックなし
名称:製品名
プロンプト:製品名を入力
値:小窓
文字高さ:100

>作業2<
モード:非表示
名称:部屋名
プロンプト:部屋名を入力
値:-
「直前の属性定義に位置合わせ」にチェック

属性定義9


>作業3<
ブロック登録
属性定義10



では、ステップ3を参考にしてブロックを挿入してください。
ドア



  完成図
属性定義11



 4 - 3. 属性編集
 4 - 1. 属性定義





↑このページの先頭へ