本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ3:画層(レイヤー) と ブロック


トップページ
 → ステップ3(目次) → 2. 枠の作成

2. 枠の作成

図面範囲と画層切り替え
外枠の作成
文字入力





図面範囲と画層切り替え

先ほど必要な画層を設定しましたね。
では、これから実際に作図を始めましょう。

■図面範囲
A4用紙横置き、印刷尺度1/50で描きます。

>作業<
作図範囲を設定
左下:(0 , 0) 右上(14850 , 10500)

参考
作図範囲の設定



■画層切り替え
枠を描くため、「文字・枠」の画層に切り替えて作図してください。

>手順<
画層を「文字・枠」に設定
画層切り替え1

これで画層が変わりました。
画層切り替え2



外枠の作成

次のような枠を作成してください。
各オブジェクトコマンドを上手に使いましょう。

外枠
※赤色の寸法は参考です。記入する必要はありません。



文字入力

先ほど作成した枠に文字を入力しましょう。

>作業<
文字の高さ: 250
文字
参考
文字


 完成図
完成図



 3 - 3. 躯体の作成1
 3 - 1. 画層(レイヤー)





↑このページの先頭へ