本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ2:AutoCADで実際に作図しよう


トップページ
 → ステップ2(目次)→ 11. 寸法記入

11. 寸法記入

長さ寸法
直列寸法
並列寸法
半径寸法
角度寸法





では、次の5つの寸法を記入しましょう。
寸法
@長さ寸法(8600)
A直列寸法(1000)
B並列寸法(9600)
C半径寸法(R100)
D角度寸法(135°)



長さ寸法

>手順<

長さ寸法コマンド(長さ寸法コマンド)を実行

@基点を指定
コマンドライン:[1 本目の寸法補助線の起点を指定 または <オブジェクトを選択>: <O スナップ オン>]

長さ寸法1


A終点を指定
コマンドライン:[2 本目の寸法補助線の起点を指定:]

長さ寸法2


B寸法線の位置を指定
コマンドライン:[寸法線の位置を指定 または [マルチテキスト(M)/寸法値(T)/寸法値角度(A)/水平(H)/垂直(V)/回転(R)]:]

長さ寸法3

コマンドラインに[寸法値:8600]と表示され、図面に寸法が記入できましたね。



直列寸法

>手順<
直列寸法コマンド(直列寸法コマンド)を実行

@終点を指定(始点は自動的に取られている)
コマンドライン:[2 本目の寸法補助線の起点を指定 または [元に戻す(U)/選択(S)] <選択>:]

直列寸法

A「Enter」を2回押してコマンド終了


並列寸法

>手順<
並列寸法コマンド(並列寸法コマンド)を実行

@「Enter」を1回押して、始点を変更(始点が違う場合のみ)
コマンドライン:[並列記入の寸法オブジェクトを選択:]

並列寸法1


A終点を指定
コマンドライン:[2 本目の寸法補助線の起点を指定 または [元に戻す(U)/選択(S)] <選択>:]

並列寸法2

B「Enter」を2回押してコマンド終了



半径寸法

>手順<
半径寸法コマンド(半径寸法コマンド)を実行

@丸みの部分(フィレット部分)を指定
コマンドライン:[円弧または円を選択:]

半径寸法1


A寸法線の位置を指定
コマンドライン:[寸法線の位置を指定 または [マルチ テキスト(M)/寸法値(T)/寸法値角度(A)]:]

半径寸法2



角度寸法

>手順<
角度寸法コマンド(角度寸法コマンド)を実行

@1本目の線分を指定
コマンドライン:[円弧, 円, 線分を選択 または <頂点を指定>:]

A2本目の線分を指定
コマンドライン:[2 本目の線分を選択:]

B寸法値の位置を指定
コマンドライン:[円弧寸法線の位置を指定 または [マルチ テキスト(M)/寸法値(T)/寸法値角度(A)]:]

角度寸法



 ステップ3(詳細目次)
 2 - 10. 寸法設定





↑このページの先頭へ