本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ2:AutoCADで実際に作図しよう


トップページ
 → ステップ2(目次) → 8. スクリュー・舵

8. スクリュー・舵

スクリュー
     ・円
     ・複写
     ・トリム
     ・鏡像
     ・線分

     ・正方形
     ・オフセット
     ・円弧
     ・線分
     ・回転
移動





スクリュー

スクリュー(プロペラ)を描きましょう。
適当な位置で描いてください。
スクリュー1

■円
>作業<
半径100の円を描く
スクリュー2
参考
円コマンド


■複写
>作業<
円の中心が、円の右四半円点の位置になるように複写

スクリュー3
参考
複写コマンド


■トリム
>作業<
赤の部分を残すようにトリム

スクリュー4
参考
トリムコマンド


■鏡像
>作業<
下方向へ鏡像し、もとの図形を残す

スクリュー5
参考
鏡像コマンド


■線分
>作業<
プロペラの中心から左へ100の線分を描く
スクリュー6




続いて、舵を描きましょう。
先ほど描いたスクリューの近くに描いてください。


■正方形
>作業<
1辺300の正方形を描く
(長方形コマンドで書いた場合は「分解」をしておいてください)

舵1


■オフセット
>作業<
上辺を基準に上方向へ100オフセット
舵2
参考
オフセットコマンド


■円弧
>作業<
3つの点を通る円弧を描き、不要な線分を削除

舵3
参考
円弧コマンド


■線分
>作業<
円弧の中点から、上方向へ50の線分を描く
舵4


■回転
>作業<
図形全体を90度回転
舵5
参考
回転コマンド



移動

では、スクリューと舵を正しい位置へ移動しましょう。

>作業<
スクリューの軸の端点を基点に、点A(中点)まで移動
舵の軸の端点を基点に、点B(中点)まで移動

移動1

(完成図)
移動2

>補足<
Oスナップを使えば簡単に端点・中点が取れます。

参考
移動コマンド



 2 - 9. 太陽マーク・文字
 2 - 7. 客室窓





↑このページの先頭へ