本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ2:AutoCADで実際に作図しよう


トップページ
 → ステップ2(目次) → 4. 操舵室

4. 操舵室

オフセット
相対座標
延長
トリム
フィレット





オフセット

操舵室を追加しましょう。増築?(笑)

オフセット1


>作業<
次のようにオフセットしてください。
縦方向:線分Aを基準に上へ 50→ 200 → 50
横方向:線分Bを基準に右へ 300

オフセット2


太線が元の線です(↓)。
オフセット3


参考
オフセットコマンド



相対座標

線分コマンドで外形を描きましょう。

>作業<
@元図形の左上隅から左へ200mm (@-200,0)
Aそのまま先ほどオフセットした一番上の線分左端へ
B右へ800mm (@800,0)
Cそのまま下へ(元図形の最下辺交点へ)。

相対座標


[補足]
直接距離で描いた方が早いし簡単です(笑)。
自分の描きやすい方法で描いてください。

参考
相対座標
直接距離



延長

3つの線分を延長しましょう。

>作業<
線分Aと線分Bを境界として、3つの線分を延長
@、Aは線分Aを境界として延長
Bは線分Bを境界として延長

延長1


参考
延長コマンド



>補足<
これまでの作業で下図のようになります。
延長2



トリム

操舵室の外形を整えましょう。

>作業<
赤の線を残すように、必要無い線分を「トリムコマンド」や「削除コマンド」を使って削除してください。

トリム


>補足<
トリムの基準が分からない場合は、全てを境界として選択し、必要の無い部分をトリムしてください。また、トリムができなくなった線分(トリムする境界が無い)は「削除コマンド」でその線分を削除してください。

参考
トリムコマンド



フィレット

操舵室の屋根に丸みをつけましょう。

>作業<
フィレット半径:100mm

フィレット1


フィレット2


参考
フィレットコマンド



 2 - 5. 煙突
 2 - 3. 船体を描こう2





↑このページの先頭へ