AutoCAD LT 入門者の自習室
対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000のものです。


HOMEステップ1 → 線種の設定・図形の選択

1.線種の設定・図形の選択
線種のロード
グローバル線種尺度

重なった線分(選択の循環)
窓選択と交差窓選択

線種のロード

線分には色々な種類があります。
まずは、描きたい線種をロードしておきましょう。


線種のロード1 >手順<
メニューバーの「形式」→「線種設定」

[補足]
オブジェクトプロパティツールバーの線種選択から「他」を選んでも同じです。

線種のロード2


「線種管理」ダイアログボックスが開きます。
>手順< 「ロード」をクリック
線種のロード3


すると、「線種のロードまたは再ロード」ダイアログボックスが開きます。

線種のロード4 >手順<
@線種を選ぶ
A「OK」で確定する

線種管理ボックスを見てみると、先ほど選択した線種がロードされています。

何種類かの線種をロードしたい場合は、上記手順(「ロード」から)の繰り返しです。


[練習]
「CENTER」と「HIDDEN」をロードしてください。





グローバル線種尺度

グローバル線種尺度とは、図面全体に対する線種の間隔尺度の事です。
尺度が合っていない場合、一点鎖線(CENTER)などで描いても、実線に見えてしまいます。
下の2つを比べてみてください。

グローバル線種尺度:
グローバル線種尺度1
グローバル線種尺度:0.3
グローバル線種尺度2

上の長い線と、下の短い線はともに一点鎖線で描いたものです。
左図は尺度が合っていないため、短い線が実線で描かれていますね。
そこで、尺度を0.3に変えてみると、右図のように両方とも一点鎖線で表示されました。


ポイント
ポイント 描く図形が大きい場合は、グローバル線種尺度も大きめに設定
描く図形が小さい場合は、グローバル線種尺度も小さめに設定







色1 >手順<
メニューバーの「形式」→「色設定」



[補足]
オブジェクトプロパティツールバーの色選択から選ぶことも出来ます。(右画像)
この方が操作が早くて便利です。
色2


それでは、実際に線分を書いてみましょう。
線分は左ツールバーにある線分コマンド(線分コマンド)で描きます。

[完成図]
色3
[線種設定の参考図]
色4
>手順<
線分A
1.線分コマンドをクリックし、始点(@)を選ぶ
2.続いて、終点(A)を選ぶ
3.「Enter」もしくは「右クリック」でコマンド終了

線分B
1.線分コマンドをクリック
2.線種設定で「CENTER」を選択(参考図)
3.色設定で「RED」を選択
4.あとは線分Aと同じ

線分C
・線種は「HIDDEN」
・色は「BLUE」


ポイント
※コマンドウィンドウを見ながら、その指示に従って作図しましょう。コマンドラインは作図の手助けをしてくれる、非常にありがたいナビゲーションです。常に確認しながら作図する癖をつけてくださいね。





重なった線分(選択の循環)

先ほど3本の線分を並列に描きましたね。
この場合、1つの線分だけを選択するのは容易な事
(クリックするだけ)です。
しかし、この3本の線分が重なっていた場合はどうすればいいのでしょうか。

重なった線分1 少し分かり難いですが、左図は先ほど描いた線分A、線分B、線分Cが重なっている状態です。
線分A(一番下) +
線分B(真中) + 線分C(一番上)

この状態で線分を選択(クリック)すると、一番上の線分Cが選択され、線分Aと線分Bは選択できません。
重なった線分2
こういう場合は、「Ctrl」を押しながら線分をクリックし、選択を循環させるのです。その後、選択したい線分を確定します。

>手順<
@「Ctrl」キーを押しながら重なっている線分をクリックします。このとき、コマンドラインに<循環 オン>と表示されます。

A続いてマウスを少しずらし、適当な位置で左クリックします。クリックする度に選択される線分が変わります。

B選択したい線分がハイライトされたら、「Enter」もしくは「右クリック」で確定します。このとき、コマンドラインに<循環 オフ>と表示され、選択が確定します。

※ここでは循環させた後、線分Bを選択しています。

[補足]
「Shift」を押しながらクリックすると、選択していた線分(図形)を解除する事が出来ます。
例えば、平行に並んだ線分A、線分B、線分Cを順にクリックし、全て選択状態にしておきます。
その後「Shift」キーを押しながら線分Bをクリックすると、線分Bの選択状態が解除され、線分A、線分Cの2つの線分を選択した状態にする事が出来ます。


ポイント
ポイント 選択の循環=「Ctrl」を押しながら左クリック
選択の解除=「Shift」を押しながら左クリック





窓選択と交差窓選択

図形の選択には、個々をクリックしていく以外に一括選択できる「窓選択」と「交差窓選択」があります。

□窓選択
左から右へと選択範囲を取った場合、その範囲に完全に含まれる図形のみが選択されます。


窓選択1 窓選択2



■交差窓選択
右から左へと選択範囲を取った場合、その範囲と交差する図形が選択されます。


交差窓選択1 交差窓選択2




1.線種の設定・図形の選択
 距離・ポリライン・長方形
 画面説明




HOME      ステップ1(目次)

Copyright 「AutoCAD LT 入門者の自習室」 All Rights Reserved.