本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ1:AutoCADの基本操作を覚えよう


トップページ
 → ステップ1(目次) → 6. 円弧

6. 円弧

円弧
     ・3点
     ・始点/中心/終点
     ・始点/中心/角度
     ・始点/終点/角度
     ・始点/終点/方向
     ・始点/終点/半径
     ・中心/始点/終点
     ・中心/始点/角度
     [補足] 角度の正負と始点位置





円弧

円弧コマンド(円弧コマンド)で円弧を描くことが出来ます。

[補足]
メニューバーの「作成」→「円弧」からも実行できます。
円弧1


ここではメニューバーから直接コマンドを実行する方法を紹介します。
左ツールバーの「円弧コマンド」から実行する場合は、コマンドラインを見てコマンドを指定しながら作図してください。




■3点
3点を指定して円弧を描く

>手順<
1.メニューバーの「円弧」→「3点」を実行

2.1点目(@)を指定
コマンドライン:[ _arc 円弧の始点を指定 または [中心(C)]:]

3.2点目(A)を指定
コマンドライン:[円弧の 2 点目を指定 または [中心(C)/終点(E)]:]
円弧2

4.3点目(B)を指定
コマンドライン:[円弧の終点を指定:]
円弧3



■始点/中心/終点
始点・中心・終点を指定して円弧を描く

>手順<
1.メニューバーの「円弧」→「始点、中心、終点」を実行

2.始点(@)を指定
コマンドライン:[ _arc 円弧の始点を指定 または [中心(C)]:]

3.中心(A)を指定
コマンドライン:[円弧の 2 点目を指定 または [中心(C)/終点(E)]: _c 円弧の中心点を指定:]
円弧4

4.終点(B)を指定
コマンドライン:[円弧の終点を指定 または [角度(A)/弦の長さ(L)]:]
円弧5



■始点/中心/角度
始点・中心・角度を指定して円弧を描く

>手順<
1.メニューバーの「円弧」→「始点、中心、角度」を実行

2.始点(@)を指定
コマンドライン:[ _arc 円弧の始点を指定 または [中心(C)]:]

3.中心(A)を指定
コマンドライン:[円弧の 2 点目を指定 または [中心(C)/終点(E)]: _c 円弧の中心点を指定:]
円弧6

4.角度を指定(例:135)
[円弧の終点を指定 または [角度(A)/弦の長さ(L)]: _a 中心角を指定: 135]
円弧7



■始点/終点/角度
始点・終点・角度を指定して円弧を描く

>手順<
1.メニューバーの「円弧」→「始点、終点、角度」を実行

2.始点(@)を指定
コマンドライン:[ _arc 円弧の始点を指定 または [中心(C)]:]

3.終点(A)を指定
コマンドライン:[円弧の 2 点目を指定 または [中心(C)/終点(E)]: _e] [円弧の終点を指定:]

4.角度を指定(例:90)
[円弧の中心点を指定 または [角度(A)/方向(D)/半径(R)]: _a 中心角を指定: 90]
円弧8



■始点/終点/方向