本文へスキップ


これからCADを始める学生・主婦にやさしい無料学習サイト

対象:AutoCAD LT2000/LT2000i/LT2002/LT2004
※解説画像はAutoCAD LT 2000

ステップ1:AutoCADの基本操作を覚えよう


トップページ
 → ステップ1(目次) → 3. 距離・ポリライン・長方形

3. 距離・ポリライン・長方形

距離
     ・絶対座標
          [補] ズーム
     ・相対座標
     ・極座標
     ・直接距離
          [補] 極トラッキング
ポリライン
     ・線分との区別
     ・分解
     ・
長方形





距離

コマンド実行中に、距離を求められた場合どのように指示すればいいのでしょうか。
ここでは、基本となる座標入力を「線分」コマンドを例に説明します。

注意:コマンド指示・数値入力は必ず「半角英数字」で入力してください。


■絶対座標
原点を基準に座標を入力していきます。

入力方法:X座標 , Y座標

絶対座標
>手順<
@線分コマンドを実行
ここで、コマンドラインに[ _line 1 点目を指定:]と表示されます。

A1点目となるA(0,0)の座標を入力し「Enter」もしくは「右クリック」で確定
[ _line 1 点目を指定:0,0] Enter

すると、コマンドラインに[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:]と表示されます。

B続いて2点目となるB(100,0)の座標を入力
[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:100,0] Enter

Cあとは同じ要領で、コマンドラインの指示に従いながらC、D、E、Fの座標を入力し、最後にAに戻ってください。

DA(0,0)に戻ったら、「Enter」もしくは「右クリック」でコマンド終了


[補足] ズーム
表示される図形が小さかったり、大きすぎた場合は「ズーム」コマンドを用いて見やすくしましょう。
ズーム1
>手順<
@画面上部にあるズームツールバーを押し続けながら下にドラッグします。
A操作したいコマンドにマウスポイント(矢印)を合わせ左マウスを放します。

ズーム2
窓枠で指定された領域を拡大表示

ズーム3 ダイナミック
作図部分をビューボックスで指定表示

ズーム4 倍率
倍率を指定して表示

ズーム5 中心点
中心点と倍率または高さを指定して拡大表示

ズーム6 拡大
拡大表示

ズーム7 縮小
縮小表示

ズーム8 図面全体
図面全体を表示

ズーム9 オブジェクト範囲
オブジェクトが描かれている範囲を表示

ズーム10 リアルタイムズーム
作図領域にズーム11が表示され、上方向にドラッグで拡大、下方向にドラッグで縮小

ズーム12 リアルタイム画面移動
作図領域にズーム13が表示され、ドラッグ方向に画面が移動



まずは図面全体ズームを使って、自分が今描いている図形が作図領域のどの位置にあるのかを認識しておきましょう。よく使うのは「窓ズーム」「オブジェクト範囲ズーム」「リアルタイムズーム」「リアルタイム画面移動」だと思います。



■相対座標
直前に指定した点を基準に、X方向の距離、Y方向の距離を指定します。

入力方法:@X方向の距離 , Y方向の距離

相対座標
>手順<
@線分コマンドを実行
1点目となるA(0,0)の座標を入力し確定

A2点目となるBまでの距離を入力
[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:@100,0] Enter

B続いて3点目となるCまでの距離を入力(直前の点Bから)
[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:@0,150] Enter

C4点目のDまでの距離を入力(直前の点Cから)
[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:@-50,50] Enter

Dあとは同じ要領でE、Fまで入力し、最後にAに戻ります。

EA(0,0)に戻ったら、「Enter」もしくは「右クリック」でコマンド終了


X方向・・・ 右方向なら距離は正、左方向なら距離は負
Y方向・・・ 上方向なら距離は正、下方向なら距離は負



■極座標
直前に指定した点を基準に、距離と角度を入力していきます。

入力方法:@距離<角度

極座標
それでは極座標で線分を描いてみましょう。

AB=100
BC=50

>手順<
@線分コマンドを実行
[ _line 1 点目を指定:]で適当な位置にAを指定

A2点目となるBを指定
[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:@100<45] Enter

B最後の点Cを指定
[次の点を指定 または [元に戻す(U)]:@50<150] Enter

C「Enter」もしくは「右クリック」でコマンド終了


[応用]
先ほどはAから始めてCまで描きましたね。
では、反対にCから始めてAまで描くなら、どう指定していけば良いのでしょうか。

@線分コマンドを実行し、適当な位置に1点目Cを指定

A次の点Bを指定
 CからBへは、距離50で、角度は330 もしくは -30 となります。
 @50<330 もしくは@50<-30 と指定するわけですね。

B最終点Aを指定
 BからAへは、距離100で、角度は225 もしくは -135 となります。
 @100<225 もしくは@100<-135 と指定します。

C「Enter」もしくは「右クリック」でコマンド終了



■直接距離
方向を指定して、距離を入力します。

>手順<
@線分コマンドを実行し、始点を適当な位置に指示

A描きたい方向を定め、距離を入力し「Enter」もしくは「右クリック」で確定
直接距離


[補足] 極トラッキング

作図を補助してくれるものに、「極トラッキング」というものがあります。
これは、設定した角度を自動的に導いてくれるものです。

それでは、「極トラッキング」を設定してみましょう。

>手順<
 
@画面下のステータスバーにある「極」を右クリック。
A「設定」をクリック
極トラッキング1

「作図補助設定」ダイアログボックスが開きます(↓)
極トラッキング2
>手順< 
角度の増分を「45」に設定して「OK」をクリック
これで45度ごと(45の倍数角度)が自動的に摘出されるようになります。


では、実際に「極トラッキング」を使って線分を書いてみましょう。
「極トラッキング」をオンの状態にしてください。
極トラッキング3
オン
極トラッキング4
オフ

水平線を描いてみましょう。

>手順<

@線分コマンドを実行し、適当な位置に始点を指定

A右方向(角度0)にカーソル方向を合わせる

B距離を指定し、「Enter」で確定
極トラッキング5

「角度の増分」を45に設定しているので、45の倍数の角度を自動的に摘出する事が出来ます。
(例:90度)
極トラッキング6
(例:135度)
極トラッキング7



ポリライン

先ほど描いた図形は、「ポリライン」コマンドを使っても描く事が出来ます。

■線分との区別
ポリラインで描いたものは1つの図形として認識されます。

>手順<
Aは「線分」コマンドで作成 @→A→Bの順に描く
Bはポリラインコマンド(ポリライン)で作成 @→A→Bの順に描く

ポリライン1


出来上がった図形を左クリックで選択してみましょう。
A:「線分」コマンドで描いたものは個々の線分が選択されます。
B:「ポリライン」コマンドで描いたものは1つの図形として全体が選択されます。
ポリライン2


■分解
それでは、ポリラインで描いた図形の個々の部分を選択したい場合はどうしたら良いのでしょうか。
そういう場合は、分解コマンド(分解コマンド)を用いて個々の線分にします。

>手順<
@分解コマンドをクリック
Aポリラインで描いたBを選択
B「Enter」もしくは「右クリック」で確定


これで、ポリラインで描いたBは、個々の線分に分解されました。
Bを選択してみてください。
Aと同様、個々の線分が選択できますね。
分解1


■幅のある線分
「ポリライン」コマンドでは幅のある線分を描く事が出来ます。

分解2
>手順<
A:
@「ポリライン」コマンドを実行

A適当な位置に始点を指定

Bコマンドラインに従い、幅(W)を入力して「Enter」で確定
次の点を指定 または[円弧(A)/閉じる(C)/2分の1幅(H)/長さ(L)/元に戻す(U)/幅(W)]: W Enter

C始点の幅10を入力
始点での幅を指定 <0.0000>: 10 Enter

D終点の幅10を入力
終点での幅を指定 <10.0000>: 10 Enter

E適当な位置に次の点(線分の終点)を指定

F「Enter」もしくは「右クリック」でコマンド終了


B:
始点の幅:0
終点の幅:30


C:
始点の幅:10
終点の幅:30


[補足]
では、出来上がったA、B、Cを分解してみましょう。
分解3
このように、ポリラインで描いた幅のある図形は、分解するとただの線分になります。



長方形

正方形、長方形を描く場合は、長方形コマンド(長方形コマンド)を使います。

>手順<
@長方形コマンドを実行

A始点を指定

B終点を指定
長方形

[補足]
横100、縦50の長方形を描いてみましょう。
>手順<
@長方形コマンドを実行
A適当な位置に始点を指定
B終点は @100,50 と指定



 1 - 4. 円・楕円
 1 - 2. 線種の設定・図形の選択





↑このページの先頭へ